「アパレルショップの店員の声かけや接客が苦手」そんな人はどうする?

0
    「それ、かわいいでしょー」
    「昨日、入荷したばっかりなんですー」



    と、言われただけで、
    嫌な気持ちになってしまった…


    そんな話は、
    よく聴きます。



    そんな時、


    「ヘッドフォンで音楽を聴いたりして
    聴こえないフリをしている」

    「大丈夫です!って繰り返す」

    「目を合わせない。
    察してくれるのを待つ」

    「声かけられたら、逃げる」


    という対策を
    とる人もいるようです。



    そして、

    「まったく!接客がなってない」
    「お客さんのニーズにあわせてない」

    と、消費者モードで、
    批判する方もいるかもしれません。



    でも、

    「主体的に生きる」
    ということを、
    実践すると、楽になるかもよって、
    提案している私としては、


    ちょっと
    提案したいんですよね。



    せっかく、
    服を買いに来たのですから、
    洋服をゆっくり見たい。


    その事を、
    気持ち良く伝えて、
    店員さんも、自分も、
    気持ち良く過ごす…


    そんな事が出来れば、
    楽しいんじゃないかって。




    私だったら、どうするか。



    まず、店員さんが声かけてきたら、



    ちゃんと店員さんを、
    認識して、
    気持ちを理解しようとしてみます。


    すると、


    「言いたくない事を言わされているのかも」

    とか、

    「とりあえず、話さなきゃって思ってるのかも」

    とか、


    「接客ノウハウにこだわりすぎて、
    相手がみえていないのかも」

    とか、


    「ノルマ達成したいのかも」

    とか、


    「誰かの役にたちたいって気持ちがあるのかも」

    とか、


    良い部分もそうでない部分も、

    なんとなく、
    感じるようになるんじゃないかって、
    思うのです。


    すると、

    店員さんに対する、
    「嫌だなあ」という気持ちも、
    少しだけ薄れるかもしれません。

    そして、
    自分の立場も伝えやすくなると思います。


    「この服、かわいいでしょー?」
    「…そうなんですか?私、かわいいとかは興味なくて。」


    「お探しのものはありますか?」
    「特にないんです。」


    「あっ、じゃあ、これとかどうですか?」
    「私、すすめられるとよく分からなくなるんです。
    ちょっと適当にまわらせてください」


    「いつでも試着できるんで声かけてください」
    「はい、もう少しみてみますね」



    この時ですね。
    「具体的になんと答えるか」というのは、
    そこまで重要ではないと感じていて、


    気が向いたら、
    店員さんとも話してもいいし、
    話さなくてもいい。


    身体の軸がしっかりしている人って、
    無駄な買い物はしないし、
    店員さんと仲良くなったぐらいじゃ、
    商品は買わないのだと思います。



    軸がある人には、
    「営業トークは無駄」なんだと思いますし、
    それは、伝わる事も多いと感じています。



    「自分の身体の軸はしっかりしているか」と、
    「相手を理解しようと思っているか」が、
    大切ではないかと、感じています。



    自分の身体の内側が、
    ちゃんと出来ていて、

    相手の方を理解しようという気持ちがあり、
    優しい気持ちを出していれば、



    自然に、話ができるし、
    自分の立場も伝えられますし、
    軽く2、3言はなすと、


    自然に、相手の方が、
    「無駄に話しかけない」という選択肢を
    とってくれると思います。



    そうではない場合は、


    「ありがとう。
    いまは、大丈夫です。
    ゆっくり見せてくださいね」

    と、自然にお伝えすれば良いと感じています。


    そこまでやっても、
    嫌な思いをするという場合…


    縁がなかったのかもしれませんが、

    あえて、自分も振り返ってみる。

    自分の軸は定まっていたか、
    相手をきちんと見る事ができていたか。


    ふりかえってみる。




    ぜひ、そんな事を
    試してみてください。


    まあ、練習と思って。



    「苦手だなぁ」と
    思っていた人からも、

    たくさんのヒントを、
    いただけるかも、しれませんし、


    自分自身も、
    成長できるかもしれません。

    コメント
    お店によって声をかける、かけないって決めているところもありますよね。
    お客側も声をあまりにもかけてくれないと、ちょっとはかまってよ^^;ってなることあったりします。(私の周りからはよくそんな声も聞こえてきますし)

    ちなみに〜私は、少しゆっくり見てみますね〜って言ってます。
    • ぽんたです。
    • 2015/12/08 9:01 PM
    ぽんたさん、どうもです(^^)
    プロの方からのコメント嬉しいです。
    お店もお客さんもいろいろですね。
    良い関係を築けたらいいなって思います。
    • みほ
    • 2015/12/09 3:49 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

     

    自己紹介

    12661919_986504164774138_7605639211526607589_n.jpg
    福岡の劇団ミクロドロップの代表です。

    「からだとこころの扱い方」の探求をしています。


    このブログでは、
    演劇のこと、劇団のこと、
    ゲームや漫画のこと、
    心と体のあつかいかた、
    表現と食事の事などを
    書いています。

     

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 能力がないとか、役者向いてないとか…専門家の言う事も、当てにならないねって話。
      みほ (04/13)
    • 能力がないとか、役者向いてないとか…専門家の言う事も、当てにならないねって話。
      nisimura yositaka (04/12)
    • 「アパレルショップの店員の声かけや接客が苦手」そんな人はどうする?
      みほ (12/09)
    • 「アパレルショップの店員の声かけや接客が苦手」そんな人はどうする?
      ぽんたです。 (12/08)
    • 子供の不登校と引き込もりと演劇と私
      伏見美穂 (02/15)
    • 子供の不登校と引き込もりと演劇と私
      西村善孝 (05/05)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM