おやつに、玄米麹のおかゆもどき。

0
    寒波も落ち着いたようで、
    今日は、
    お風呂も冷たくありませんでした。


    春が近付いたせいか、
    身体が栄養を欲している気がします。


    春と秋は、
    血液の入れ替え時期という
    解釈を採用しています。

    人によって違うので、
    いつからと言えないのですが、
    私はそろそろ、栄養補給の準備。


    2016年の春は、
    3食+おやつにします。


    おなかがすくときは、

    ナッツとか、
    干しエビとか。


    炭水化物が欲しいときは、

    玄米麹の、おかゆもどき。




    玄米麹を、
    適当にお湯につけて、
    適当に味噌をいれて、
    1時間ぐらい。

    甘くないうちに、
    いただきます。


    時間がたつと、
    ビールっぽくなったり、
    でろ甘になったりします。


    それはそれで。


    お湯は、発酵する水を使います。



    ↑ここのお水。


    味噌は、
    ナチュ村・ひふみ・メープルマートのような、
    自然食品店で購入した味噌。


    入れ替え時期にどう過ごすかが、
    夏をどう過ごすかに、
    影響されるようです。


    もう夏の話か、と
    自分で思うのですが、


    私の目の前にある、
    玄米は。


    時間を超えて、
    未来に繋がっている気がします。


    ろまん。

    七草玄米餅

    0
      この季節の楽しみ…


      七草



      今日は、


      七草玄米餅です。



      (1)お湯に玄米餅を入れて煮る
      (2)カブと大根をたして煮る
      (3)刻んだ草いれて


      できあがり




      です。


      酢醤油で
      いただきました。



      豆乳鍋から、玄米リゾット。

      0
        昨日のみくろ忘年会は

        豆乳鍋

        でした。



        豆乳にかぼちゃ、
        クレソンをいれると、

        一気に洋風になりますね。



        岡本シェフ(←と皆呼ぶ…)
        特製の「たれ」をつけて、
        ワイワイいただきます。


        毎年の楽しみだったりして。


        そして今日。


        あまった食材を、
        ひとりで食べられる自信がないので、


        近所の劇団員と一緒に


        発芽玄米リゾット





        劇団員の家に鍋をもっていったけど、

        塩がないので、

        味噌
        塩麹


        で味付け。


        白ゴマをかけて、
        いただきます。


        おいしかった…


        この玄米は
        特に、こだわりの逸品。


        わたしは、普段玄米は
        食べないようにしているのですが、

        やっぱり玄米好きだなーと思いました。



        なんだかんだで、年末です。



        最初は、料理のハードルをとことん下げて、自炊してみる。

        0
          35年間、
          料理を、ほぼ、
          していませんでした。

          掃除・洗濯・料理は、
          「女性が出来るもの」
          というイメージがあって、

          「私には無理だなぁ」

          と、勝手に思っていました。


          誰の事?


          私の事です(ー_ー)!!



          そんな私だから。

          「大切だと分かるけど…
          健康に気をつけるって、
          大変そう…

          まず、料理がむずかしい…」


          という学生さんの気持ちって、

          なんとなく、
          共感するところが
          あるんですよね。



          「家で料理を作った事がない」
          「ハードル高そう」

          という人は、
          「てきとー料理」に、
          挑戦しても良いのではないかと思います。


          まあ、凝った事はですね。
          好きな人がやればいいんじゃないか
          って思うんですよ。


          千切りとか、
          料理のさしすせそとか、
          女子だとか、
          男子だとか、
          得意とか、
          苦手とか、

          関係なく、



          「料理」のハードルを下げまくって、

          ざっくりやればいいじゃないかって、
          思うのです。



          まず、第一歩は、

          お米をたいて、
          たまごか豚肉をゆでて、
          キャベツを
          手でむしって

          食べてもいいと思うのですよね。


          調味料は、最初は、
          天然塩だけで良いと思います。


          「ステンレス鍋またはガラス鍋」と
          「浄水器(水は優先順位高いと思うので)」

          を用意して、

          なんでも、
          蒸すかゆでるかして、塩かけて、
          おいしくいただけば、いいと思います。


          お昼御飯が、
          「コンビニおにぎり」
          「コンビニおでん」
          「コンビニでペットボトル飲料」
          「+お菓子」が習慣の人は、


          まずは、


          てきとーーー


          でいいのだと思います。


          こちらは、料理はじめた頃に、食べてたもの。
          最近は、身体が変わって、豚肉減りました。


          まずは、

          てきとーーに、

          「素材をいただく」

          ということを重視して、

          やってみては、いかがでしょうか。


          続けていくと、

          「食」は、

          とっても身近で、

          自分のすぐ
          そばにあることで、

          自分の身体と心を作っていくんだって、

          身体で分かってくることも、
          あるかもしれません。

          | 1/1PAGES |

          calendar

          S M T W T F S
             1234
          567891011
          12131415161718
          19202122232425
          262728293031 
          << March 2017 >>

           

          自己紹介

          12661919_986504164774138_7605639211526607589_n.jpg
          福岡の劇団ミクロドロップの代表です。

          「からだとこころの扱い方」の探求をしています。


          このブログでは、
          演劇のこと、劇団のこと、
          ゲームや漫画のこと、
          心と体のあつかいかた、
          表現と食事の事などを
          書いています。

           

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          • 能力がないとか、役者向いてないとか…専門家の言う事も、当てにならないねって話。
            みほ (04/13)
          • 能力がないとか、役者向いてないとか…専門家の言う事も、当てにならないねって話。
            nisimura yositaka (04/12)
          • 「アパレルショップの店員の声かけや接客が苦手」そんな人はどうする?
            みほ (12/09)
          • 「アパレルショップの店員の声かけや接客が苦手」そんな人はどうする?
            ぽんたです。 (12/08)
          • 子供の不登校と引き込もりと演劇と私
            伏見美穂 (02/15)
          • 子供の不登校と引き込もりと演劇と私
            西村善孝 (05/05)

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM